お知らせ

2017.07.20

【活動報告】第59回たまな在宅ネットワーク定例会を開催いたしました。

夏も本番となる暑さの中で7月14日(金)に第59回たまな在宅ネットワーク定例会を開催いたしました。(会員専用ページの活動報告には写真も掲載しております)。

今回も診療所の先生をはじめ多職種の皆さん58名のご参加をいただきました。


①活動報告

1)オール玉名緩和ケアプロジェクト

6月に開催された第3弾多職種研修会「痛みを知る・伝える」のご報告とアンケートの結果等を報告し、7月20日に予定されています第4弾多職種研修会のご案内を行いました。第4弾の研修会「痛みを分かち合う」では第3弾で紹介があった「生活のしやすさ評価シート」を実際に使用したグループワークなどが検討されています。

2)看取りもできるホームになろうプロジェクト報告

第3回となった「看取りもできる」企画にも40名を超える参加をいただいています。毎回参加者数が増え、会場確保も一つの課題となっていますが、今後も色々な施設等を巡回しながら取り組んでいきたいと思います。

活動報告の詳細は会員専用ページにも掲載しております。第4回は 有料老人ホームこのはで7月25日開催の予定です。


知域の時間 第3回かくかく歯科じか

第3回目となりました「かくかく歯科じか」は今回も南関町の大林歯科診療所の大林先生による「口腔リハビリ」に関するお話をいただきました。

今回もお話の後に色々なご質問がたくさん出され、日々の中での観察のポイントや留意点など学ぶことができました。

お話いただきました資料も会員専用ページに掲載していますが、是非皆さん直接お話を聞いていただきたいと思います。次回は9月の予定です!


③薬だつ話(ネットワークご参加の薬剤師さんによるお薬のミニ講座)

第10回目となる今回のテーマは「つぶす」、つばめ薬局 久保田薬剤師さんにお話をいただきました。

薬局で薬を潰していただくだけでなく、自宅や施設でも家族や介護者がつぶすことが多い中で、お薬の組み合わせなどでも効果が薄れる事なども詳しくお話いただきました。つぶす前に・・・ちょっと待って?と思い、薬剤師さんに相談しましょう。


④症例報告(たまな在宅ネットワークにご登録いただいている患者さんの情報共有)

定例の症例検討では合計4ケースの症例報告をDr・看護師・ケアマネジャーさん等、関りにある皆様から報告いただきました。

認知症・老衰などで終末期とのか診断で在宅看取りを希望されたAさん・ご家族でしたが、自宅に戻ることで元気になってきているお話では、自宅のもつパワーを改めて認識すると共に、介護が長期化する課題など様々なご意見が交わされました。


⑤たまな在宅ネットワーク大本営会議20170622(今年度活動予定のご案内)

6月22日に安成医院で開催された大本営会議の報告並びにたまな在宅ネットワークの今年度の活動についてご報告を行いました。

詳細は改めてご案内の予定ですが下記の活動を実施・予定しています。

・たまな版在宅医療 オトナの職場体験(7月10日 説明会開催、活動開始、HP内に専用のサイト作成)

・たまな在宅ネットワーク大本営会議20170909 地域現状 大報告会 + 小児の地域包括ケアを学ぶ会

・聞き書き学校 in  玉名 11月25日・26日

来月は8月8日(火)の予定です。来月は通常の第2金曜日が祝日と重なり・お盆時期でもあることから曜日が変更となっております。

改めてご案内申し上げますが、日時のご確認よろしくお願い致します。次回も多数のご参加おまちしています。

2017.07.20 / 13:14

アーカイブ