お知らせ

2019.07.31

《8月のたまな在宅ネットワーク関連研修会のご案内》

盛夏の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、たまな在宅ネットワークでは毎年様々なテーマにて講師をお招きし、研修の機会を設けておりますが、今年は「臨床倫理」をテーマに皆さんと学びの機会を設けたいと思います。
 6月の定例会におきまして『点滴』のワークショップを行いましたが、終末期医療における支援者の関り方等「臨床倫理」における宿題も出てきました。 
 そこで、8月には玉名中央病院主催の「心不全緩和ケア」に関する講演をネットワーク定例会と合同開催とし、引続き次週16日には「おとなの臨床倫理」と題して熊大大学院生命倫理学講座の門岡先生の講演を予定します。
 この夏、医療介護福祉の世界でご活躍の皆様と共に『臨床倫理』とは?を 一緒に学びましょう。たくさんのご参加お待ちしております。

1、玉名中央病院+たまな在宅ネットワーク共同研修会
  (日本医師会生涯教育講座2単位 CC 81:終末期のケア、80:在宅医療)

  日時:令和元年8月9日(金)18時~20時半
  場所:玉名中央病院2階大ホール

  第1部 内容:講演 心不全緩和ケアのエッセンス
      座長:公立玉名中央病院循環器科 時津孝典 先生
      講師:久留米大学医学部内科学講座
      心臓・血管内科部門 助教 柴田龍宏 先生

  第2部 たまな在宅ネットワーク8月定例会
   内容:症例検討会 他

2、たまな在宅ネットワーク 臨床倫理出張講座
(日本医師会生涯教育講座1.5単位 CC 2:臨床倫理)

       内容:お・と・なの臨床倫理            

       日時:令和元年8月16日(金)19時~20時半
   場所:玉名中央病院2階大ホール
       講師:熊本大学大学院生命科学研究部
          生命倫理学講座 教授 門岡康弘 先生

  

   

  

2019.07.31 / 11:23

アーカイブ