お知らせ

2019.06.20

【活動報告】緊急企画 点滴ワークショップ(第82回たまな在宅ネットワーク定例会)を開催しました!

去る6月14日 定例の第82回たまな在宅ネットワーク定例会を開催しました。

今回、急遽内容を一部変更し、通常の症例検討会を少し短くし後半知域の時間にて「点滴ワークショップ」を開催しました。

総勢60名を超える多職種の皆様にご参加いただきましたが、今回は玉名中央病院総合診療科等より研修医や専攻医の先生もご参加いただき、若い先生方等からも点滴に関する様々なお話を伺うことができました。

ワークショップでは「点滴あるある」から参加いただきました皆さんが普段から耳にする点滴にまつわるお話などを出していただき共有しました。

様々な「あるある」が出されましたが、その上で安成先生より点滴の歴史や終末期における点滴などのお話がありました。

特に、終末期における話では「どこからを終末期と捉えるか」といった資料を基に、色々なご意見が出されました。また、ご参加いただいた研修医の先生方からも点滴にまつわる医学的な知識だけでなく病院と在宅における点滴の話をしていただき、更に在宅医療を実践する先生方からは実際に点滴を減らす場合や辞める際にどのように本人やご家族にお話をされているか等をお教えいただくこともできました。

最期のディスカッションでは今日の学びを受け参加され方から「どこから来た点滴神話?」といった質問もあり、参加者から色々な意見が出されました。最後に倫理における課題等についてもご参加いただいた熊本大学医学部生命倫理学講座の門岡先生からも少しお話いただき、非常に多岐にわたって活発な意見交換の場になりました 。

急遽の内容変更となりましたが、多数のご参加をいただき盛会に開催できましたことをこの場を借りて感謝申し上げます。

、来月の定例会開催予定は通常の第2金曜日より変更し7月11日(木)となっております。皆様のご参加お待ちしております!!

事務局 永杉

2019.06.20 / 11:33

アーカイブ